フコイダンを食べ物で摂取が難しい方は通販のサプリメントがおすすめ

フコイダン

フコイダンと腫瘍細胞のアポトーシスの関係

腫瘍細胞のアポトーシスを誘導する細胞では、個体の良好状態をキープさせて行く為に細胞の中で事前に決定されたプログラムによって、自然に死んで行きます。
その現象の事をアポトーシスと呼びます。例えばオタマジャクシの尻尾が、どんどんと大きく成長する事で最終的に消えて行くのも、生理的に操作された細胞が自然に死んで行く現象である、アポトーシスによる影響です。ガン細胞やウィルス感染細胞などである、極めて危ない細胞なども、アポトーシスにより、腫瘍が育つ事をちゃんとブロックしております。但しこのコントロールへと、何らかの異常が起こってしまう事で、腫瘍細胞は死滅する事なく、逆に次々と増え続けて行きます。
フコイダンには、腫瘍細胞のアポトーシスを導く作用が存在すると言われていました。褐藻類に含まれているフチコキサンチンが、アポトーシス誘導作用を持っている事が最近分かりました。フコイダンの定義になっているものには、様々な作用が実在している事がはっきりと確認されております。
免疫システムがきちんと機能しないと、身体の中へと侵入して来た異物を、しっかりと除去出来なくなります。免疫力が落ちる事で、食中毒やインフルエンザの重い感染症へと、どうしても掛かりやすくなります。

おすすめ記事

  • 海藻のフコイダン含有量について

    フコイダンとは海藻のヌルヌル・ネバネバ成分です。乾燥海藻1キロあたりの、フコイダンの含有量(グラム)はというと、ワカメ⇒15グラム、ワ…

    »詳しく見る

  • フコイダンが秘めている機能

    フコイダンは細胞賦活作用と言う、驚くような機能を持っています。その為シワが起こる原因となる細胞を、きちんと繋げて行き、肌自体の…

    »詳しく見る

  • フコイダンの効能・免疫力賦活効果

    フコイダンには、免疫力賦活作用が存在しております。免疫力賦活効果によって、私達人間が本来持っている自然治癒力を、しっかりと元通…

    »詳しく見る

コンテンツ一覧